2021.06.18

今買うべき?いつ買うべき?お金の話

マイホームの購入が、人生で1番大きな買い物と言っても過言ではないでしょう。その際に、後悔を少なくするために、第5回目は、いつ買うべきなのか、という点からお金のことを説明していきます。

□買い時って?

「住宅の居住志向および購買に関するアンケート調査(2020年度)」※によると、2019年度から「買い時だと思う」が4.3pt増加したそうです。
買い時だと思う理由として、最も多かったのが「住宅ローン減税など住宅取得のための支援制度が充実しているから」。次いで、「金利が低い」「不動産価値が安定、上昇しそうだから」でした。
皆さん、金利や支援制度も買い時か否かを判断する1つになっているようです。

□じゃあいつが買い時?

金利についても、第2回でお話した通り、最低水準で推移をしています。早く購入すれば、その分の家賃を払わず、住宅購入の返済に回すことができる、という考え方もあります。
税制や金利は、今後変わる可能性があります。
そういったものだけで判断するのではなく、自分がいいと思った住まいと出会ったときに、買うべき時かもしれません。


※添付グラフは店頭金利を示したもので実際に借入する金利は各金融機関や条件によって異なります。
※独立行政法人住宅金融支援機構HPより抜粋

※全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)と全国宅地建物取引業保証協会(全宅保証)の調査より
1.調査機関:2020年9月23日~11月30日 2.調査放送 :インターネット調査
3.調査対象:日本国内全域の20歳以上の男女 4.有効回答数: 24,863件

編集:株式会社インターブレインズ

お電話でのお問い合わせは
「シエリア町屋」販売準備室
  • 0120-008-948

  • 受付時間:10:00~20:00
    定休日:毎週火曜日・水曜日

《公式サイト》シエリア町屋|関電不動産開発がお届けする新築分譲マンション