2021.04.28

貸す、という選択肢も!?
半投半住のススメ

第4回目は、まず自分で住んだ後、将来貸すことも考慮に入れながら住宅探しをする「半投半住」という考え方について、説明をさせていただきます。

□半投半住とは?

「半投半住(はんとうはんじゅう)」という言葉を耳にしたことがありますか。
「半投半住」とは、当初は居住のため、将来は賃貸に回すなど、半分投資・半分住むという、投資と住居の2つの軸で住まいを探す考え方のことです。

□住むためのマンション

まず、住まいは、自分の生活のイメージの中で、探してみましょう。
通勤を楽したいなら駅近で、通勤先までの所要時間が短いところを。
料理を楽しみたいなら、スーパーが生活動線上にあったり、キッチンが広かったり。
身体を動かしたいなら、通いやすいジムが近くにあったり、ランニングコースにできそうな大きな公園があったり。
おしゃれを楽しみたいなら、収納スペースは要チェック、等、どんな暮らしをしたいか、理想の住まいを思い描いてみましょう。

□投資のためのマンション

そうはいっても、将来「転勤になったら?」「結婚したら?」「家族が増えたら?」など、将来のライフスタイルの変化が不安で、住宅購入なんて考えられないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、おすすめなのが、この半投半住という考え方。
今は自分で住むが、将来もしも、投資に回した場合でも、有利なマンションを選ぼうというもの。

例えば、賃貸を借りる方は、シングルまたは夫婦お二人が多いのではないでしょうか。
ファミリー向けサイズのプランだと、大きいかもしれません。
マンションを住むだけにこだわらず、貸す・売るといった投資の視点を持ってみましょう。

□実際どうしてる?

ライフスタイルの変化の1つとして「転勤」があると思います。
転勤の際、持ち家についてどう対処したかのアンケートを見てみると、
「賃貸物件として第3者に貸した」が最も多く、
次いで空き家の状態で保有した、売却したとなっています。

転勤は、1つの例ですが、家族が増えた、テレワークで暮らし方が変わった、等、
ライフスタイルの変化はいつ起きるか分かりません。

住宅選びにおいて、自分にとって住みやすい納得の物件ということはもちろん、
将来売却や貸しやすい物件かどうか、2つの軸から考えてみましょう。

編集:株式会社インターブレインズ

お電話でのお問い合わせは
「シエリア町屋」販売準備室
  • 0120-008-948

  • 受付時間:10:00~20:00
    定休日:毎週火曜日・水曜日

《公式サイト》シエリア町屋|関電不動産開発がお届けする新築分譲マンション