建築デザインDESIGN

駅徒歩5分の地に、凜と佇む。

エントランスアプローチ完成予想CG

そのレジデンスは、
すべてが美しい。

凛邸とは

「継承」「洗練」「品位」をテーマに創造される、美意識に満ちたレジデンス。
その存在感は、比べるものがないほど美しく、類するものがないほど麗しい。
凜と佇む、全33邸。

町屋美学

町屋の歴史や文化を。
職人の息づかいをデザインに。

都心に近く利便性がありながら、荒川の豊かな自然や人情味を感じられる町屋の空気感になじむよう温かみを感じるアースカラーを基調としたデザインにしました。
また、ロートアイアン調のアルミ格子やタイル等の素材や貼り方1つ1つにこだわり、職人の手仕事感を随所にちりばめました。

素材の一つひとつまで
こだわりデザイン。

職人が一つひとつ手を加えて焼かれるハンドメイドタイルをはじめ、新しいのに懐かしい風合いを醸し出す42二丁タイルなど、外観意匠からエントランスホールに至るまで、随所にこだわり抜いた素材を用いてデザインしています。

1フロア3邸、内廊下設計。

プライバシーに配慮した、
ホテルライクな空間

Designer

こだわったのは、
緊張感とやさしさ、
相反する要素の描く美しさ。

杢谷 真一

SHINICHI MOKUTANI

設計・デザイン監修
杢谷一級建築士事務所

資料請求者様限定サイトにて
詳細な開発者インタビューを公開中

  • ※掲載の完成予想図は、計画段階の図面を基に描いたもので実際のものとは異なります。また、今後変更になる場合があります。(2020年11月時点)尚、外観の細部・各種設備機器・配管類等は一部省略又は簡略化しております。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。敷地周辺の電柱・標識・架線・ガードレール等は再現しておりません。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器がございます。