エントランスアプローチ完成予想図

意匠計画

Design

伝統の美意識を受け継ぎ、
これからの京邸宅にふさわしい佇まいを創造。

外観完成予想図

外観完成予想図

温もりに満ちた質感をたたえるタイル素材

北側ファサードには、
陰影がレジデンスの表情に
風格を刻む。

外観全体の色調は、ホワイト系でありながらも、より豊かな質感をもたせた「生成り色」でコーディネート。大谷石の風合いを持つ二丁掛けタイルとボーダータイルの混合貼り、さらに細やかな表情を醸し出す45二丁タイルで、街並みに軽やかな高級感を映し出す上品なデザインを施しています。

デザイン監修

株式会社 カノン アソシエイツ

一級建築士

玉谷 修一

外観デザインには、JR「西大路」駅から北へ向かう西大路通り沿いからの視界、あるいは「シエリア京都西大路」南西の戸建て住宅街から見上げた風景を意識。街並への配慮として、それぞれに異なったマテリアルを持ったタイルをバルコニーのラインに合わせてボーダー状に貼り、階層ごとに区切りをつけることで、広い壁面が単調にならないよう工夫を凝らしています。

エントランスアプローチ完成予想図

お帰りをやすらぎに満ちた時間へと導く
表情豊かなアプローチ空間。

エントランスアプローチには、西大路通から一歩入って出逢う上品な邸宅の佇まいを演出。エントランス前のシンボルツリーに美しく映え、温もりを感じる質感豊かな「生成り色」の外壁。基壇部には、左右に重厚なグレーの大判タイルで仕上げた列柱を配し、住まいのやすらぎを護る門構えとしています。

エントランスアプローチ完成予想図

エントランスアプローチ完成予想図

路地のように時間と空間の奥行きが
豊かさへとエスコート。

エントランスホールは空間的なゆとりを活かして、床・壁・天井をつなぐコの字型のラインを連続的に配し、京町家に見られる路地のような落ち着いた空間を演出しています。また、正面の奥にはガラスで彩られたデザインウォールを設置。京の伝統色ともいえる朱に近い赤色で「和のなごみ」を表現。お帰りになる方を温かくお迎えします。

エントランスアプローチ完成予想図

ラウンジ完成予想図

ラウンジ完成予想図

襖絵を見開く鮮やかさと、
光のスリットが描く京のモダニズム。

ラウンジは、住まう方の憩いの空間として、ご家族やお客様との待ち合わせにもお使いいただけるよう、エントランスホールの隣に配置しています。ガラスで隔てた坪庭、黒を基調とした和柄のデザインガラスで装飾。スリット状の窓から垣間見える外構の竹の連続性は、京の寺院に見られる襖絵を見開いたような鮮やかなシーンを映し出します。

ラウンジ完成予想図

都心の「静」と「動」を巧みに意匠した
プライベートレジデンス。

西大路通から一歩入った住宅街の一画。都心にありながらも落ち着いた佇まいに誕生する本計画のマスタープランには、「静」と「動」を巧みに意匠したプライベートレジデンスとしてのあるべき姿を追求しています。前面道路から住まいへのエントランスゾーンには、喧騒を拭い去る緑の潤いと奥行を演出。そして、エントランスホールから住まいへは、クランク動線で奥行感と独立感を高めて、心がやすらぎへとサポートします。

ランドプラン

敷地配置図イメージイラスト

※左右にスワイプするとご覧いただけます。