間取り

Design

変わりゆく都に、変わらぬ品を。

外観はシンメトリーなデザインにより、堂々とした安定感をカタチにしました。また低層、中層、上層でタイルの仕様や
サッシ形状を変えることで、近景における上質感と遠景における存在感を併せ持つ美しい佇まいを創出。
住まう心地よさ、そして所有する誇らしさを満たす私邸に仕上げています。

外観完成予想図
外観完成予想図
他にはない表情を生む、繊細な風合いのオリジナルタイル。

低層階の外壁には、色味や柄などの風合いが一枚一枚異なる大判のタイルを採用。土や火がもたらす繊細な表情は、建物に唯一無二の美しさを生み出します。時を重ねて味わいを深める表情にこだわり、その他の素材にも自然の温もりを感じる質感を追求しました。

角住戸のサッシ形状に変化を持たせ、意匠性と機能性を両立。

低層階の角住戸は、外からの視線に配慮した高さにワイドな窓を設置。中層階は窓を大きく配し、開放感を創出。そして上層階にはハイサッシを採用しました。サッシ形状を工夫することで意匠性に加え、住まいにとって妥協できない機能であるプライバシー性も確保しています。

採用予定のマテリアル

採用予定のマテリアル

素材の美を引き出し、
永く愛され続ける
「都心の私邸」を創造。
代表
代表

京都工芸繊維大学大学院卒業後、建築事務所を経て独立。人間の生活を支える建築における「機能」に寄り添い補完する「デザイン」の在り方を追い求めている。

自然と都心、相反する2つのフィールドが心地よく共存する同心。ここに生まれる住まいは、都心をアクティブに使いこなす人たちの「休息の場」でありたいとの想いからデザインは始まりました。佇まいは先進性に偏るのではなく、アースカラーを基調に自然の温もりを追求。素材が持つ美しさを存分に引き出し、流行に左右されることのない気品を描き出しています。
  • approach

    エントランスアプローチには、視線を引きつける遊び心を。

    道行く方の視線を誘うエントランスアプローチは、ギャラリーのような役割をもたせました。ストリート・ファニチャーとしてモダンな印象のベンチを設け、庇には三角形のトップライトをデザイン。凛とした佇まいにさりげなく添えた遊び心が、人々の心を和ませてくれます。

  • entrance

    求めたのは、ハイクラスホテルを訪れたかのような高揚と安らぎ。

    エントランスホールは都心でありながら豊かな自然も享受できる住環境に呼応し、スタイリッシュなガラスと温もりある木目調で設えました。また、さらに奥へ誘う間接照明をデザイン。歩みを進めるほど、心に静穏が訪れることでしょう。

  • lounge

    42邸のためだけに、ゆったりと心を休める隠れ家をご用意。

    エントランスホールの奥に、待ち合わせなどにお使いいただけるラウンジスペースを設けました。ガラスウォールの向こうにはデザインウォールと坪庭を設け、隠れ家を思わせる寛ぎスペースを創出。ソファやローテーブルには、オブジェのような印象的な造形をセレクトしています。

landplan

イメージイラスト
ランドプランイメージイラスト
  • ワンフロア3邸の高いプライバシー性

    ワンフロアに3邸のみの配置とし、高いプライバシー性を実現。住戸前を他の住人が通る機会が少なく、落ち着いた私邸環境が保たれます。

  • 70㎡台〜80㎡超、ゆとりの住空間

    自分たちらしさを楽しむことのできる「余裕」にこだわり、ゆとりの住空間をプランニング。収納スペースも充実させています。

  • 通風に恵まれた角住戸率約66%

    ワンフロア3邸の住戸配置とすることで、独立性と通風性に優れた3面開口の角住戸を約66%も確保しています。

  • 角住戸にはコーナーサッシを採用

    角住戸のリビング・ダイニングにはコーナーサッシを採用しました。視界が大きく広がり、室内の開放感が向上します。

    ※眺望、開放感は住戸・階数によって異なります。予めご了承ください。

イメージイラスト

※植栽の写真は参考です。

住まう方、訪れる方をもてなす、
美しい四季の移ろい。

シンボルツリーには、四季を通じ緑の潤いをもたらす常緑樹「ソヨゴ」を選定。
また坪庭には、空間を爽やかに彩る「ヤブラン」や紅葉が美しい「ハウチワカエデ」を植栽し、住まう方を豊かにもてなします。

住まう方のゆとりを第一に考え、心地よく過ごせる私邸を設計。

matter
MATTER ARCHITECT 田淵 賢

付加価値の高い建築空間を創出するために、「建築設計事務所の従来の枠にとらわれることのない幅広い視野」で建築に携わり、都市居住における最適解を追求する。

都心の中で、いかにゆったりと過ごしていただくか。42邸のプライバシーをいかに守り、自分時間を満喫していただくか。導き出したベストな答えが、ワンフロア3邸の住戸配置でした。さらに平均専有面積75㎡超、全邸にウォークインクロゼット※を設けた充実の収納スペースなど、暮らしにゆとりをもたらす空間づくりにこだわっています。

※メニュープランの一部タイプを除きます。

INFORMATION

事前案内会開始

公式サイトから資料請求頂いた方全員に、
物件の最新情報を限定公開しております。
※自動返信メールにて、すぐにご案内いたします。
  • 資料請求はこちら
  • 来場予約はこちら