邸宅品質

”プライベートレジデンスとしての品質”を追い求めた結論。

駐車場は地下に平面式を全邸分確保。

駐車場は、天候や気温の影響が少ない地下に、全邸分の平面式駐車場を設けました。
出入口にはリングシャッターを設置しています。
また、2基のエレベーターはどちらも駐車場に直結。
車と邸をダイレクトに結ぶアクセスを実現しています。

セキュリティ概念図

セキュリティ概念図

独立性に富んだダイレクト動線を採用。

「シエリア芦屋翠ヶ丘」では、邸宅空間の理想を目指して、東西2〜3邸ずつに動線を分離し、それぞれにエレベーターを設置。こうすることで、明るい両面開口のプランや、住戸内が見えにくいサイドイン玄関など、開放感と独立性を高める工夫を数多く盛り込むことができました。

住棟配置概念図

住棟配置概念図

二方が道路に面した開放感を生かして、明るく開いたレイアウト。

二方接道で東西に広い敷地特性を生かして、全邸南向きに配した住棟を中心に、明るさや伸びやかさを第一に考えたレイアウトを採用しました。また、4重のセキュリティラインを採用。(1階住戸を除く)防犯スペックの高い私空間を整えました。

  • 二方が道路に面した開放感を生かして、明るく開いたレイアウト。
  • MASTER ARCHITECT

    株式会社タクトプラン建築事務所大阪 中西 大輔

    一度建設された建物は、街の風景となり残っていくものです。だからこそ、人々から愛され、大切にしてもらえるものでなくてはなりません。我々は、時間の経過とともに風化する建築ではなく、自然と人との調和を大切にし、価値のある良質な社会ストックとなる建物をつくっていく事を目指しています。

外観イメージ

この品質も、邸宅としての基本性能にこだわり抜いた結論です。

SECURITY

エレベーターホールにもオートロックを採用したトリプルセキュリティ

共用エントランスはもちろん、エレベーターホールにもTebraキーがご使用いただける「Tebra pass」(ハンズフリー式)のオートロックシステムを採用。専用キーを持たない不審者の侵入を防ぎます。また、住戸玄関にはダブルロックと防犯センサーを備え、4重のセキュリティラインを構築しています。(1階住戸除く)

トリプルセキュリティ概念図

4重セキュリティ概念図