シエリア芦屋翠ヶ丘SPECIAL CONTENTS

〝関西一の洋館〟2つの邸の物語

自然豊かな環境を誇る翠ヶ丘が継承する気風。華やかな歴史に裏付けられた佇まい。

翠ヶ丘には、阪神間の屋敷町・芦屋らしい気風が漂う。
その街の佇まいには、住環境の理想を求めた先人たちによって開花し、
華やかな歴史に培われてきた街らしい佇まいがある。

かつて、この地にはふたつの大きな屋敷があった。
明治以降、交通の便と風光明媚な環境に恵まれた新興の邸宅地として、
往時わが国にもたらされた”欧米様式”を礎とする邸が次々と誕生していた芦屋にあって、
ひときわ重厚な洋館として輝きを放っていたという。

大海原を渡る豪華客船の建造技術とモダニズムデザインを個性とした木村鐐之助邸。

そのひとつは阿保親王塚の東隣、深緑に抱かれた地に、ハンター商会の総支配人として手腕を発揮した実業家・木村鐐之助が築造した邸である。

木村鐐之助は神戸とゆかり深いE・Hハンターが創設した大阪鐵工所(現在の日立造船)で手腕を発揮した実業家であるが、大正末期に建てられた邸は、自身が勤める大阪鐵工所の手になるところが多かったようで、往時の粋を極めた内装には、床の寄せ木や幅木、格天井組から建具や階段に至るまで、豪華客船などに用いられる高級材チークがふんだんに使われている。

敷地の小高い場所に鎮座していた邸は、その瀟洒な内装を彷彿させる二階建て腰折れの切妻屋根は本瓦葺き、鉄平石貼りの壁面に欄間の付いたアーチ窓が左右対称に穿たれたエキゾチックな外観を纏い、翠ヶ丘の街並みに風格と威厳を醸していた。戦後、木村邸は福岡銀行芦屋倶楽部として残ったが、残念なことに先の震災で壊滅してしまった。

木村邸の外観

建築史に名を残す和の匠たちが具現した、西洋建築の粋。寺田甚吉邸。

木村邸の北向に位置していたのが、美しいスパニッシュスタイルを個性とした寺田邸だった。施主は岸和田紡績(現ユニチカ)や、南海、近鉄など、蒼々たる企業を率い、昭和十七年(1942年)には岸和田市長も務めた寺田甚吉である。

昭和八年(1933年)に別宅として建てられたとのことだが、設計は神戸旧居留地の三井商船ビルディングや大阪の綿業会館などを手掛け、かの村野藤吾の師としても知られる渡辺節。また、施工は倉敷の大原美術館など数多くの名作を築いた藤木工務店という、豪華なキャスティングによって具現された。

RC造2階建てスペイン風洋館の内装は、光の角度によって黄金に輝く仕上げのオールチーク。硬いチーク材に手彫りで施された繊細な紋様に、往時の人々がこの建築に注いだ意気込みを垣間見ることができる。大理石のマントルピース、その左右に配されたエンタシス様式の柱、ランプや真鍮の蝶番など、それらすべてが一体となって、重厚な調和空間を形成している。

戦後、寺田邸はGHQに接収されたが、その幹部までが「関西一の洋館」と讃えたというほど、外国人の眼にも素晴らしい邸宅と映ったようだ。そんな寺田邸も五十年ほど前に取り壊されたが、その一部は大阪市内のビルに保存・再現され、今もVIPルームとして輝きを放ち続けている。

寺田邸の内観
街の気風とは、その街の生活史と建築史に培われる。ご紹介のふたつの邸は、芦屋・翠ヶ丘が歩んできた邸宅地としての歴史の端緒であると同時に、これからも変わることなく街に流れ続けるであろう翠ヶ丘気風そのものではないだろうか。

そして今、私たち関電不動産開発が
芦屋・翠ヶ丘の一角を得て
お届けするのは
「シエリア芦屋翠ヶ丘」。
優雅な意匠と
すべてに行き届いた上質な
住み心地の元に、
未来へ継承すべき価値を
ご提案いたします。

内装イメージ

資料請求いただきますと、
間取りや建物の詳細資料を
お送りいたします。
あわせて公式サイトの
限定コンテンツで
詳細な情報をご覧いただけます。

  • 資料のご請求はこちら
  • ご来場予約はこちら